お酒が脱毛に悪いワケ

脱毛サロンの配慮事項などに、脱毛前にはアルコールを控えるようにと記載されている事があります。

これはざっとなぜなのだろうか?というように感じる方も多々あると考えます。

これにはれっきとした要因があります。

お酒というのは、飲酒をする事によって体の血行をよくしてくれるという成果があります。

それによって体はほてってしまうようになっているのですが、この体のほてりが大敵です。

脱毛用のレーザーなどといったものは熱のこもった光を当てるものですから、肌はより熱を持ちやすくなります。

そこに熱があらかじめあったりしますと、肌が赤みがかったりなどしますし肌も敏感な状況になりやすい時ですので、いつもなら大した事ないような刺激でも湿疹などがでる事もあります。

そして、過度の飲酒は体の水分を減少させる作用もありますが、水分の少ない肌のステータスで脱毛の施術を行うと、乾かすしやすい状況ですので肌のかゆみなどが悪化してしまうような場合もあります。

他ににもお酒を飲んでいると、酔ってしまっている事により周囲にいたずらをかけるような場合もまれにあるでしょうが、普通に肌トラブルを起こしやすく、脱毛したところの赤身や熱が相当沈静化しないような事にもなりますので、アルコールを摂取した後は、普通には脱毛処理はできないのです。

 脱毛をする前日くらいにはお酒を飲まないように心がけてください。

脱毛サロンで脱毛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です